MENU

【大丈夫】仕事つまらないし死にそう。(私も経験あります)

読者のアイコン画像読者

仕事つまらなくて死にそう。
だけど死ぬわけにもいかない。
何からどうすれば良いんだ。

この記事では上記のような疑問を解決します

この記事の想定読者
  • 仕事がつまらなくい人
  • 仕事がつまらなくて、辛すぎる人
  • 楽しく仕事がしたい人
ゴリランのアイコン画像ゴリラン

私ゴリラン(@Gorilancer)はいかつい顔ですが、仕事本当につまらなくて死にそうになるぐらい辛い時期がありました。
でも今は元気に生きてます。笑

目次

仕事つまらない死にそう。でも大丈夫

仕事がつまらないと感じているのはあなただけではないです。

現に私も新卒で入社した会社を1年未満でやめています。

それは、仕事がつまらなく死にそうと感じることがあったからです。

ただ今では元気に生きていて、仕事も楽しくできています。

まあ、苦痛に感じることもありますが。笑

とは言え、死にそうと危機感を感じるほどではないです。

死にそうと思うほどの仕事がつまらない原因

ここでは、死にそうと思うほどの仕事のつまらない原因について触れます。

辛いギャップもあるイラスト
  • 単調な業務が多い
  • 給与に対しての業務量の不満
  • 人から認められない
  • 仕事内容が合わない
  • 職場との人間関係に問題あり

単調な業務が多い

仕事の内容が難しくて、苦を感じてしまうこともあるかもしれません。

しかし、逆に仕事が単調な業務が多い場合も、面白みを感じられず、やりがいを感じなくなることもあります。

周りからは、これだけで辛いなんて、と認められないこともあるかもしれません。

ただ、人それぞれ感じるものは異なるので、気にする必要もないです。

給与に対しての業務量の不満

これは案外感じる方多いのではないでしょうか。

実際、今後スキルがつくような仕事をしていれば、問題はないと思います。

ただ、特筆したスキルがつかなそうな仕事で、業務量が多い時に、感じてしまうかと思います。

また、業務量が多すぎるが故に、まともな思考回路が及ばず、最悪の事態までいってしまうこともあるので気をつけてください。

人から認められない

人から認められることは、お金では測れないですが、きちんとした報酬だと私は感じています。

この点が、死をも想像してしまうほど辛いことになることもあるかもしれません。

人から認められない原因は社風による問題が多いかと思います。

この点は、やはり認め合うような社風の会社への転職が一番良いでしょう。

仕事内容が合わない

これに関しては、実際に現場で働いてみないとわからないことですよね。

人それぞれ向き不向きがあるので、給与や、周りからの評判は一度置いて、自分に合った仕事は何かを自問自答するべきだと思います。

やはり向いている仕事をした方が、楽しいと感じることが増え、生産性が上がると私は思います。

職場との人間関係に問題あり

職場は、ある意味で家族のような存在になることもあります。

何日も一緒に仕事をするのですから。

そんな状況で、人間関係があまりにも合わないと、仕事がつまらなくなってしまいます。

私の場合人間関係に悩みを抱えていました。

脆弱だ、ストレス耐性がないと言われることもあります。

ただ、日本は広いし企業も無数にあります。

自分が一緒にいて楽しいと感じる仲間は、自分が追い求める限り、必ず現れると私は信じています。

【体験談】私が仕事がつまらないし、死にそうだった時期

ここでは、私の体験談をお話します。

体験談イラスト

私は人間関係がうまくいかなかったパターンです。

私は、メンターとは何回かもめてました。

メンターを変更したかったのですが、こんなところで引き下がるのもダサいという考えはありました。

また、一度結構な罵声を浴びたこともあり、人事に相談しようか考えました。

昨今、パワハラなどのコンプラ管理は厳しいので、あまりにもひどければ、メンターはすぐ別支店へ転勤、もしくは降格かと思います。

ただ私にはできなかった。

ゴリランのアイコン画像ゴリラン

メンターのデスクに可愛い娘二人の写真があって、とてつもなく子煩悩だったんです。

相手の家族を壊す可能性があると思いました。

よく、高いところに一人で行って、タバコを吸いながら、何時間もボーッとしていました。

今考えると、何をしようとしていたのかわからないので怖いです。

そんなことを考えてるうちに、初めての一人暮らしの寂しさも相まって、私は精神が病み、休職。

絶望でした。自分を責める毎日でした。

会社には戻ることはしませんでした。

結局、退職し、ニートとしての転職活動の日々が始まります。

父親が証券会社に勤めていることもあり、もう一度お前は人生を考え直せ。と言われたのは大きかったです。

この体験談については下記の記事で触れています。

仕事がつまらないし死にそうなら、止まろう

一旦止まっても大丈夫です。

転職に悩める人たちのイラスト

日本では大学生が終わり、急に社会人生活が始まります。

大学生の時の生活から、一変して、かつバブルの時代でもないです。

そんな中で、どの仕事をするか明確に決まって就職する人は少ないと思います。

自分に異変を感じたら、すぐに止まってください。

止まるとは、このまま仕事を続けるか、辞めて転職するか、等々いろいろあると思います。

ただ、自分にも責任はあるとは思いますが、あまり自分を責めないで。

責めたら、それだけ自分が崩壊してしまう。

ゆっくりでいいから、親友や家族など大切な人に打ち明けてみてください。

とにかく、最悪の事態に行く前に、止まってみてほしい。

今見てる世界は狭すぎるかもしれない。

仕事がつまらない死にそうから楽しく生きる人生に

止まってみれば、なぜ今の仕事でうまくいかないのか、いつか見えてくると思います。

すぐ見つかるとは思いませんが、ゆっくりでいいです。

必ず道はひらけます。

あなたの好きなことは?

何をして人から喜ばれたい?

いろんなことを自問自答してみたらいいと思います。

もしネガティブなことしか想像できないときは、遊んだりしてみましょう。

案外、遊んだり、楽しいことをしているときの方が何か見えてきたりもします。

【大丈夫】仕事は人生の一部。つまらないなら辞めても生きていける

私は、新卒1年目で退職し、ニート期間を経て、ベンチャー企業に転職、現在は個人でやりたい仕事を模索しながら生きています。

人生は長いです。

仕事は人生の一部です。

膨大な人生の中で、仕事は大半を占めます。

つまらないと思うなら、一度止まってみても大丈夫。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

●就活、転職、自営業経験者として働き方について発信中。暮らしについても。「一人一人が生き方をデザインできるように」を第一にサイト運営しています。
【経歴】証券会社▶自営業▶︎保育士

コメント

コメントする

目次
閉じる